Companyサステナビリティへの取り組み

社会貢献

2019年4月に「ケイアイチャレンジドアスリートチーム」を発足。障がい者アスリート雇用を通じて、パラスポーツ支援活動を行なっています。また、地域行政や教育機関と連携したイベントへの参加や企画を行い、地域社会への貢献とパラスポーツの認知向上にも努めています。

地域貢献

  • 【第21回~24回 本庄早稲田の杜クロスカントリー&ハーフマラソン大会協賛】

    本庄総合公園で開催されるクロスカントリー&ハーフマラソンが同日に開催される全国でも珍しい大会です。北関東一と称される自然豊かなコースを大人から子供まで幅広い市民の方々が楽しむことのできるイベントです。

  • 【2019年「ケイアイスタジアム」命名権取得】

    「本庄市初のネーミングライツ」として本庄総合公園市民球場の命名権を取得。スポーツを通じて子供たちへの情操教育や地域貢献活動に取り組んでいきます。

  • 第4回 KEIAIチャリティーカップ

    【第4回 KEIAIチャリティーカップ】

    第4回 KEIAIチャリティーカップ協賛本庄市ジュニアサッカー連盟主催の大会。本庄児玉郡市から16チームが参加し、寒空を吹き飛ばす熱戦が繰り広げられました。
    ※2日間の大会期間中の模擬店での収益金は、義援金として本庄市福祉協議会を通じ、「東日本大震災義援金」と「平成28年熊本地震災害義援金」へ寄付。

スポーツ振興

  • 本庄児玉郡市ミニバスケットボール連盟杯&KEIAI杯 開催

    【本庄児玉郡市ミニバスケットボール連盟杯&KEIAI杯 開催】

    本庄市と同市隣接の児玉郡の小学生チーム、男子6チームと女子7チームの合計13チームが参加しました。大会当日は白熱したリーグ戦が繰り広げられました。併せてフリースロー大会も行われ、学年と男女別で優勝を競い合いました。

  • 【車いすバスケットボールチーム「No Excuse」オフィシャルスポンサー】

    当社は、車いすバスケットボールチーム「No Excuse」と共に「日本一」を目指していきます。車いすバスケットボールを通じて、挑戦することの重要性や楽しさ多様性を学びながら、共生社会実現のための活動をサポートしていきます。

  • 【埼玉県デフ女子フットサルチーム「アレグリーナ」オフィシャルパートナー】

    埼玉県聴覚障害者サッカー部・アレグリーナとのユニホームスポンサー契約。地域密着、障害を持つ方々、企業、公共サービスなどと共に、協力関係を築いていき共に発展していく「共生」のビジョンならびにクラブ理念に賛同しサポートしていきます。

  • 【日本ろう者サッカー協会ゴールドスポンサー】

    JDFA(日本ろう者サッカー協会)のビジョンである「デフサッカー・フットサルを通して、聴覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現する」に賛同し、社内外において聴覚障がい者スポーツへの理解を深めるため、ゴールドスポンサーとなりました。

  • 【第1回車いすバスケットボール大会KEIAI杯 主催】

    本庄児玉郡市において、当社初となるパラスポーツ大会(車いすバスケットボール)を主催。全国の強豪4チームが参加し、2日間に亘り熱戦を繰り広げました。大会中には車いすバスケットボール体験イベント(フリースロー大会)なども行われ、市民の方々も参加し選手と共にパラスポーツを楽しみました。

教育活動

  • 2018年~埼玉県主催「リアル体験教室」開催

    【2018年~埼玉県主催「リアル体験教室」開催】

    埼玉県が「青少年健全育成施策」の一環として実施している「埼玉県夢のかけはし教室チャレンジジュニア育成事業」を支援しています。職業体験教室「建築デザイナーになりたい!」にて、当社建築デザイナーと建築工事現場の監督が講師として協力しています。

  • パラスポーツ体験教室

    【パラスポーツ体験教室】

    ケイアイチャレンジドアスリートチームによるパラスポーツ体験教室。実際に車いすに乗ったり、聴覚障がいを疑似体験することで、スポーツの新たな楽しさや障がい者や障がいへの理解を深め、共生社会実現を目指していきます。