Companyサステナビリティへの取り組み

環境保全

国産材の利用 ~日本木造分譲住宅協会の立上げに参画~

高品質で安心して住める木造住宅の普及と、住宅建築における国産材利用を促進するために、三栄建築設計、オープンハウスとともに、2021年4月に日本木造分譲住宅協会の立上げに参画しました。国産材の利用を通じて日本の森林問題・環境問題の解決と持続的・発展的サイクルの確立、国内の森林が持つ多面的機能(温室効果ガス削減、水源涵養および生物多様性の保全)の維持回復を目指します。

IKIでの国産材利用

2021年4月分の受注分より、規格型平屋注文住宅IKIの構造材における国産材利用を100%にしています。またオプション製品であるウッドデッキには茨城県、栃木県など地場産のヒノキ材を利用しており、輸送時の燃料消費を抑え、サスティナビリティに貢献する住宅となっています。

再生可能エネルギー利用促進

IKI標準装備

脱炭素社会の実現に向けて、大きな鍵となる自然エネルギーの活用。住宅分野においては新築住宅における太陽光発電システムの目標数値設定が検討されています。当社では分譲住宅において、太陽光発電をオプションとして用意しているほか、規格型注文住宅IKIでは、電力事業者との協業でPPA(電力販売契約)の仕組みを活用し、初期費用不要で気軽に太陽光発電を始められるプランを標準仕様でご用意しています。

有害物質管理

セーフティーシート

当社では各種法令に基づいて、有害物質の適正な管理と処理を行っています。