Companyサステナビリティへの取り組み

サステナビリティへの取り組み

あらゆるステークホルダーの「豊・楽・快」創造に向けて

ケイアイスター不動産株式会社は1990年11月に創業しました。以来、不動産や建築に係わる様々な事業に取り組んできました。2015年に上場。現在はグループ全体を通じて、分譲住宅業界において、国内シェアNo.1を目指し住宅を供給する企業に成長しています。

当社の経営理念である『豊かで楽しく快適なくらしの想像をめざす、豊・楽・快(ゆたか)創造企業』には、関わるすべての方々を『豊・楽・快(ゆたか)』にする企業でありたいという想いが込められています。

2017年に立ち上げたダイバーシティ推進室では、性別や国籍、障がいの区別なく様々な人材が多様な働き方を実現するための様々な施策に取組み、「ダイバーシティ経営企業100選」「なでしこ銘柄」を獲得するなど評価を得てきました。2021年6月、この組織を発展させ、次のステップに向けて、サスティナビリティ推進室を発足しました。事業の持続的な成長のためESGの課題に取り組み、社内のガバナンス向上、国内外の社会的な課題の解決や、環境への対応、人権に関する課題や、コンプライアンスの維持・改善に取組んでいきます。

まず、その基礎となる「ケイアイサステナビリティ推進方針」を制定しました。経営理念である『豊かで楽しく快適なくらしの想像をめざす、豊・楽・快(ゆたか)創造企業』、そしてミッションである「すべての人に持ち家を」を中心に置いて、人・組織作り、ビジネスモデル、継続的な企業価値向上という歯車を回しながら、持続的な発展を目指します。

ケイアイスター不動産グループは、国内外のあらゆる社会課題に積極的に取り組み、人々が幸せに暮らせる住環境の創造を通じて持続可能で豊かな社会づくりに貢献する、サステナビリティマネジメントを強く推進し、企業価値を高めていきます。

マテリアリティは、専門的な第三者の意見を参考にしながら、当社サステナビリティ推進室にて協議し策定いたしました。