HOME  >  IT戦略

IT戦略

右向け左でも、かまわない。

IT戦略

S.W(中途採用)

2011年 中途入社。
注文住宅の営業職として入社。
2015年10月 最年少で次長に昇進。
その後半年で部長へと史上最速の昇進。チーム一人ひとりの「得意」を見つけ出し活かすことで成果を上げて来た。
プライベートでは子どもと遊ぶことが大好きな二児の父。

一緒に働きたいのは、考え続けられる人。

仕事をする上で、まずは行動だ!という人もいます。
行動をすることももちろん大切ですが、進行中のプロジェクトの最終的なゴールをどこに持っていき、そこからどう流用していくのかといった、先の未来まできちんと考え抜くことができる方が活躍できると思っています。
IT戦略とはいっても不動産会社なので、我々がお客様にお伝えしなくてはならないのはあくまで家です。伝えるものが決まっている状況で、どういう手段だったらお客様のところに家を最短で最速で良いと感じてもらえるように届けられるかが問題になってきます。どういう人に使ってもらえるんだろうとか、ものを軸に様々な角度から環境がどうなっていくのかを考えることができれば、自然と情報が集まってきて、いいものが作れるようになります。

不動産業界全体の底上げを目指して。

日本は業務を効率化するという場面でのIT化は進んできていますが、ビジネスで販売戦略をしかける意味でのIT化はほとんど進んでいません。しかし、世の中はスマートフォンが普及し、手軽によりリッチな情報をリアルタイムに受け取ることができるインフラが整いました。そこで、私たちは、200数社のパートナー企業様にITツールを導入したり、レクチャーをいれたりして、不動産業界の人に、ITのよさ、スマホにしかできないところと、営業が口頭で説明した方が良いところの違いをわかってもらうことで、不動産業界全体の底上げを目指しています。IT導入が進めば、まだまだ他の業種に比べると働きたくないと思っている方が多い不動産業界も、一般的な地位の向上になるのではないかなと思っています。

二つの軸から日本一憧れの会社へ。

ひとつは、将来的に、日本全国の職人さんや工務店さんとのネットワークを構築していくことも考えており、職人さんと仕事のマッチングシステムを社内で作ってから外に出してケイアイスター不動産とパートナーシップを築いてもらえる企業様を増やしていこうと思っています。もうひとつの軸は、在宅供給日本一になるために、ITのチカラでより多くの自社住宅を販売できる戦略をとる軸です。また、今検討しているものがあって、家を買って終わりではなく引き渡しから住み続けていただくなかで、家に付随するものでお客様が一緒に買いたいなと思えるような要望にマッチしたものを紹介できるアプリなどを作れたらいいなと思っています。

これから目指す自分

住宅に関わるお仕事をしているので、お客様の人生自体をトータルコーディネートしていかなくてはと思っています。時代の流れから、スマホの普及数が増えて、インターネット経由でコミュニケーションを取る方が多いです。そんな中で僕らにできることは、少しでもケイアイスター不動産の想いを伝えるために、何をどのタイミングでどういう手段で提供するのかを考えていくことだと思います。