HOME  >  クラフトマン

クラフトマン

将来の大工を育てることだって、僕らの仕事だ。

クラフトマン

K.K(2016年卒)

2016年 新卒入社。大工職として入社。
幼い頃からものづくりへの憧れを持ち、建築を学んだ後に、クラフトマンの道へ。
職人自体を住宅企業が抱えることはほぼ無いため、街の親方に弟子入も考えていたが、「次 世代に匠の文化を残したい」という想いに共感。
これから生まれる第一子の写真を撮ることが1番の楽しみ。

ケイアイクラフトで大工をやる魅力。

もともと小さい頃から大工を目指していて、大学で建築を学んでいました。就職活動の時は、大工一本だったのですが、大卒で募集をかけている大工の職種はほとんどなかったです。合同説明会で声をかけていただいて、社員大工の制度を知ったことがケイアイクラフトに応募したきっかけです。大工は親方に弟子入りするのが一般的です。しかし、社員という雇用形態なので、福利厚生の面で不安がすくなかったことも大きかったです。大工という職業は自分の手で全てを作り上げるというところに魅力を感じています。
家は、人が作るものの中で一番大きなものなので、達成感も感じることができとてもやりがいがあります。自分が今出せる精一杯をだして家を建てていて、自分が目指す大工になるためにもっと技術を磨いていきたいです。

時代に合わせた効率化と技術の伝承の両立。

ケイアイクラフトでは匠の技術の伝承にも取り組んでいます。現在大工という職に付いている人は減っていると同時に高齢化しています。家づくりには技術の習得に長い年月がかかるほど難しい技術もあり、何度もやらないとうまくなりません。それができる人が全体的にも減っているという印象で技術が失われて行っていると思います。そこでこれからは、昔のやり方にとらわれることなく、効率化ができるところは、人や技術にまかせて、大工は人財を育てることに集中しなくてはいけないのではないかと思っています。大工って何してるかわからない、という不安から一歩をふみだせない方もいるかもしれないので、そういう人たちにサラリーマンで大工という働き方があるという考え方を発信することに時間を費やしていければと思います。

未来の子どもに大工の魅力を伝えたい。

自分が小さい頃は木工に対する興味がある子どもが多く、大工を目指す人もいました。ものづくりをすることが身近だったのが要因だと思います。今はその環境が少ないですね。僕は小さい頃、木工教室に通っていました。そこで手先の器用さや小さいものを作るときの集中力、一つのことに向かって没頭できる集中力がついたと思います。
最近では大工という職業の魅力がうまく伝わらず、子ども達がこの職業を知る機会がなくなったと思います。これからは、第一に大工職の知識を深めていき、深め切ったその先で、自分がやっている前後の工程を勉強して、大工の知識を増やしていきたいです。自分が働けない年齢になったら、地域で木工教室をひらいたり、後輩にきれいな木の切り方などを教えていったりしたいと思っています。

これから目指す自分

ケイアイクラフトでは、大工になるということは、技術面ではもちろん、世界一綺麗な現場を目指すという、技術だけではなく人としての魅力を引き出すことを目的に働いています。家を建てるだけではなく、お客様のことや、地域のことを考えることができる職人集団になる教育やそういう考えの人たちを育成する集団でありたいと思っています。