コミュニケーション・ブックKEIAI MAGAZINE!コミュニケーション・ブック KEIAI MAGAZINE!

デザインのケイアイデザインのケイアイ

プレスリリース

プレスリリース

ケイアイスター不動産グループに関連するプレスリリースの記事を掲載しています。

2021.01.05

シニアのみならず子育て世代からも人気が高まる平屋 ケイアイスター不動産が、好評の注文住宅「IKI(イキ)」に続いて、分譲住宅でも平屋商品「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)」を販売開始。

ケイアイスター不動産株式会社(本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二 以下 「当社」と言う。)は、幸せの象徴である四つ葉のクローバーをモチーフにLDKを中心とした間取りプランで家族が自然とリビングに集まって幸せに暮らすことをイメージした平屋分譲住「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)-幸せの平屋」を茨城県日立市から販売を開始いたしました。

【QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)-幸せの平屋】

クワドリフォリオ1s
平屋内覧

■企画の背景

国土交通省の建築着工統計調査によると、居住専用住宅のうち平屋は、2010年度に6.19%だったところ、2018年度には9.92%(460,928棟中45,725棟)。さらに2019年度は10.72%(452,146棟中48,491棟)と、年々増加をしています。

グラフ

これまで平屋の需要は、子育てを終えたシニア世代の建て替え・住み替えの手段とされることが多くありましたが、昨今は若年層、子育て世代からも注目が高まっています。その要因としては、以下が考えられます。

・1世帯あたりの人員が平均2.39名※1と減少してきたことにより、部屋数が少なくても済むこと。
・階下への騒音が気にならず、子育てをしやすい戸建てニーズの高まり。
・家族のコミュニケーションがとりやすく、2階建て住宅よりも耐震性に優れているという機能面。
・マンションに住みなれており、階段がない事による家事動線の利便性の高さに対する要望が多い。
・デザインの優れたものが増え、おしゃれに住めるイメージが広がっている。

こうしたニーズの高まりを受け、当社では590万円から建てられる「規格型ひら家注文住宅IKI(イキ)※2」を2020年8月に販売開始し、多くのお客様から好評をいただいておりました。そして、分譲住宅においても、家族が集まって幸せに暮らすことがイメージできる平屋「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)-幸せの平屋」の開発に至りました。

※1令和元年(2019年)版の「国民生活基礎調査の概況」https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/dl/02.pdf

※2=建物価格590万円(税抜)は17坪(約56.2㎡)平屋の価格です。現在、IKIを販売している当社グループのCasa robotics株式会社では、平屋を「ひら家」と表現します。 URL:https://hiraya.ai/

■「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)-幸せの平屋」開発コンセプト

QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)は、イタリア語で“四つ葉のクローバー”を意味します。一つ一つの葉が寄り合う姿と、家族が寄り合う姿を重ね、長い歳月いかなる時も、住まう家族の笑顔が集まる平屋を目指しました。個々の空間はシンプルに、集う空間は贅沢に平屋ならではの特性を活かし、家族の憧れを集めた厳選プランを開発しました。幸せの象徴である四つ葉のクローバーをモチーフに、家族の素敵な思い出を紡ぐ“幸せの平屋”になるよう想いを込めました。

間取り
_QUADRIFOGLIO_LOGO
【商品概要】
坪数:建坪平均30坪(平均99.17㎡)
間取り:4LDKなど
特徴:①全プラン18帖以上で開放的なLDK
   ②木目の勾配天井が印象的なリビング
   ③家族でシェアするウォークスルークローク
   ④自慢の料理をふるうフルフラットキッチン
   ⑤外観は片流れ屋根+ツートン張り分け
   ⑥スリット型の意匠サッシ

■分譲用地は日当たりの良さを重視。価格設定も魅力。

高さのない平屋においては、十分な日当たりが取れるかどうかも大きなポイントとなります。当商品を分譲するにあたっては、日当たりの確保を重要視し、敷地面積の広さに基準を設けたほか、住み始めてから周りに高い建物が建築され日当たりが悪くなることを避けるために、敷地と接道の広さと方角に当社独自のルールを設けています。

さらに、価格の面においても、平屋住宅の建築はコストがかかり、一般的に2階建てよりも価格が高くなるといわれていますが、「高品質だけど低価格」という信条のもと、共通した建材の使用やテクノロジーを活用した施工の効率化など、年間4,000棟以上を供給する当社ならではのスケールメリットを活かして、当社商品の2階建てと同等、もしくは、よりお求めやすい価格にて提供を目指しています。

■今後について

当社初となる茨城県日立市の物件は、未完成で即完売していることをうけ、今後も平屋住宅の需要がさらに増えるものと考えております。茨城県日立市を皮切りに栃木県、千葉県において建築予定をしており、今年度は10棟程度の完成を見込んでいます。

参考資料

その他最新のコンテンツ

 

プレスリリース

2021年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング 大規模部門にランクイン

この度、ケイアイスター不動産株式会社は、Great Place To Work(R)Institute Japanが実施する2021年版日本における「働きがいのある会社」大規模部門に選出されました。大規模部門での選出は当社としては初となり、昨年に続き2年連続、5度目の選出となります。また、グループ会社であるTOKYO BIG HOUSE株式会社においては小規模部門29位、8年連続の選出となります。...

more

2021.03.01

 

プレスリリース

平屋展示場12ヵ所を無人化、非接触型へ! ひら家専門「IKI(イキ)」、遠隔接客RURA導入で非接触営業を促進

ケイアイスター不動産株式会社が、2020年11月に設立したCasa robotics株式会社は、無人での内覧や非接触営業の促進のため、規格型ひら家専門店「IKI(イキ)」の展示場12ヵ所にタイムリープ株式会社が提供する遠隔接客サービス「RURA(ルーラ)」を導入します。...

more

2021.03.01