いつだって私らしく

  • Twitter
  • Facebook

OUR STYLE

商品を企画しよう Vol.2
「働く女性の家事の悩み」

DSCF8112

前回のあったらいいなの『収納』の次に議論したのは『家事の悩み』。働く女性にとって仕事と家事の両立が一番大きな問題です。育メンパパが増えてきているとはいえ、まだまだ女性の家事負担が多い中、家事を「どんな風にこなしているか?」「本当はどうこなしたいのか?」などの理想と現実を働く女性のリアルな声としてまずはメンバーそれぞれの実情を話し合い問題を上げて行きます。

check2 実は外に干していない洗濯物

ef97f35e5cb07bddbc32fcc8af524121_l働く女性の共通の悩みとして、日中に洗濯物を外で干したくても干せないという意見が出ました。日中は家に誰もいないので、急な雨の時に洗濯物が取り込めず、びしょ濡れになり洗い直しを余儀なくされたり、仕事で夜遅くなる事もあるので防犯面を考えて外で干す事に抵抗があるという声が。メンバー全員、普段の洗濯は室内干しという事が判明!でも本当は室内で干すよりもお日様にあてておもいっきり干したい!と、働く女性ならではの悩みが出てきました。広くて開放的なバルコニーがあるよりも、天候や防犯を気にせず、日中に洗濯物を干せる場所、環境を作る事               が必要なのかもしれないという発見がありました。

check2 まだスポットがあてられていない場所がある

DSCF8097洗濯物一つをとっても、干す場所だけでなく、たたむ場所、しまう場所への動線、アイロンをかけるスペースはどこにするかなど、限られた時間の中でいかに効率的に行えるかなど、他にもたくさんの課題があるなと気付かされました。
女性の働き方、ライフスタイルの変化に伴い、住宅の住み方・使い方が大きく変わっている今、働く女性の立場にたって改めて1つ1つの家事を考えてみると、色々改善提案ができるものがあるなと感じます。

 

課題は多いものの、ただ家事をラクにするという目線だけでなく、家の中で趣味を楽しんだり、リラックスできる心地よさも大事なポイントなので、そういった時間の活用方法も一緒に提案して行きたいと思います。

 

DSCF9364

次回は、『収納』『洗濯物』の改善案を取り入れた間取りを発表します。

  • BACK