ケイアイスター不動産
クラフトマン

クラフトマン家づくりブログ

2015-04-10

こんにちは

クラフトマン大工班の大石です。

本庄市小島南7期の3号棟が上棟になりました。

基礎工事完了から。土台を引きます。コンクリートと木材の初めての接点ですが。

よく見ると隙間が空いています。

これは基礎パッキンといって、家の中の空気を自然循環させるとても大切な隙間なんです。
4.9 4号棟 土台 (2).JPG

基礎も周りを良く見てみると。。。。

昔のような換気の穴がありませんよね。

虫の侵入者や、万が一の水やホコリの侵入を防ぐのと、換気の穴を開けるためだけに、基礎の

鉄筋が止まってしまいますが、これなら鉄筋を1周できて、強度も上がります!

4.9 4号棟 土台 (1).JPG

あっという間に、骨組みが出来てきます。
自然の恵みから育った木材が組み込まれていく姿は何棟経験しても緊張します。

4.9 上棟 (6).JPG

この家からも、豊かな家族がちゃんと育むマイホームになりますように!

今日も私たちクラフトマンの工事は続きます!

以上 大工班 大石でした  

2015-04-03

みなさんこんにちは!

クラフトマン達の日ごろの運営をサポートしている、業務推進部 山田がお届けします!

基礎、大工、内装、設備、外構の各工事のクラフトマンが一同に介し安全かつスピーディーに工事を進めていく55プロジェクト!


本庄市小島南7期の1号棟がついに上棟をレポートします! 

上棟とは?

基礎工事が終り、建物の骨組みと屋根の下地まで上げる作業です。

高所の作業もあり、木材を運ぶ作業もあり、現場には、木材をはめ込む為に使用される、かけや(大きな木製のかなづち)や安全確認のための大工さん同士の掛け声、木材を打ち込む釘の音が聞こえてきます。

赤尾 屋根1.JPG

赤尾 屋根2.JPG

上棟は高所作業で、安全確保しながらのため、現場にも緊張感が漂います。
高所作業でも機敏に施工するクラフトマン大工班達!
現場ではすごく頼もしい大工に様変わりです。

大石 屋根.JPG

屋根の下地を施工する大石クラフトマン。顔が見えないのが残念ですが、真剣なまなざしで作業をしています。

PC全体.JPG

建物の一番高いところから、3号棟の基礎工事を撮ってみました。黙々と施工するPC基礎斑
クラフトマン達。

PC基礎といって、工場で作られた基礎を現場で組み立てていく基礎です。
詳しい話は、基礎班のブログで公開しますね!

利根川.JPG

この現場の大工工事責任者の利根川職長。
いつもはやさしい職長ですが、上棟現場では、みんなの安全と現場全体を取り仕切る頼もしい職長です。

そんな利根川職長の紹介は 

コチラ!

クラフトマン皆さん!キレイで安全安心な現場施工をお願いします!

以上大工班1号棟レポートでした!