ケイアイスター不動産
クラフトマン

クラフトマン家づくりブログ

2015-05-28

みなさん こんにちは!

社員職人が一同に介し最短の工期で最高の品質を!をテーマに掲げ、まだ、桜も咲く前からスタートした55プロジェクト。

5月22日 本庄市小島南7期3号棟の外構をもってプロジェクトは終了しました。気が付くと初夏ですね。

しかしながら!

私はただ早いだけを追求していたわけではありません。

良いものをより早くお客様に届けたい。その為にはどうしたらよいのか?

その一心でこのプロジェクトを進めていきました。

朝早くから現場に入った若きクラフトマン達。

ひたむきに仕事に取り組む姿は、一人ではなく周りの仲間と連携と取り合いながらやり切った成果の賜物だと思いますし、

まさにブログタイトル通り

「1棟入魂」

でがんばってくれたと思いますし、品質工期もさることながら、無事故、無災害で完了した事も本当に良かったです!

このプロジェクトを次の現場に生かしていきたいと思います。

大工班の利根川職長がインタビューで  (利根川職長紹介は こちら!→ クリック

「技術の進歩に終りはない」

と語っていました。今まさに終わりなき技術の通過点です。

さぁ!次の現場も始まります。

挑戦はまだまだ続きます。

クラフトマンのが建てた 「本庄市小島南7期」の物件案内は → コチラ!

2015-05-18

こんにちは!外構班レポートです。

本庄市小島南7期1号棟 外構完成!
若干整地仕上げがありますが、仕上がりました!

全体像
gaikou.jpg

車庫外構.jpg

芝生も敷いてあり、本格的に根付く夏が楽しみです!
芝生は、見た目もいいのですが、打ち水をすると涼しい風を吹かせてくれるですよね。

車庫外構.jpg

シンボルツリーは
シマトネリコです。常葉樹のシンボルツリーです。葉が落ちない樹木なので、掃除も楽ですね。

続々外構工事が完成していくので、販売が楽しみです!

外構着工中の本庄市小島南7期の詳しいご案内は こちら!

2015-05-07

こんにちは!

55プロジェクト、今回は外構工事をレポートします。

外構工事とは?家の外部の工事です。ポストや駐車場、植木の計画を建て、外部の住みやすさ
を充実させる工事です。

家は立派だけど、外は雑草だらけで水はけも悪くて、車も止められない。。

そんな、マイホームでは家族も喜ばないと思います。

「家の庭」と書いてまさに「家庭」です。クラフトマンもしっかりと工事を始めていきます。

まずは、外部全体の整地をした後に、車の部分にはコンクリートを打ちます。

車の重さを考慮した上で、乗ってもコンクリートが割れない様に、砂利を敷き詰め締め固めた後

コンクリートを入れるための鉄筋を入れていきます。(写真中央部分)

水溜りにならないように、道路に向かって水が流れる様に左官仕上げをするのが腕の見せ所なんですね。

外構着手0507①.JPG

その後、周りをきれいに整地してきます。
駐車場を作り、緑豊かなエクステリア工事が着工しました。

完成をお楽しみに!

2015-05-01

こんにちは!

55プロジェクト。今回は、内装工事班からです!

内装工事といってもピンと来ない人がほとんどだと思います。

内装工事とは、部屋の仕上げをする仕事がメインです。クロス張り工事とも言われています。

クロス張りとは、壁や天井の仕上げ方法のひとつで、シート状の仕上げ材(クロス材)を

張った状態のことをいいます。

クロスには、さまざまが種類がありますが、一般的には、ビニール製のクロスが、絵柄も

豊富で広く普及しています。一昔前は、クロスを張るときに使う接着剤にホルムアルデヒド

が含まれていることが話題になり、シックハウス症候群の原因のひとつのようにいわれた

時期もありましたが、現在では、各メーカーの努力により、建築基準法の改正に沿って

ホルムアルデヒド対策を施した製品が中心になっています。

石膏ボードを張って大工さんが、内装工事班にバトンを渡します!

砂沢 階段下収納.JPG

ここからが内装班の出番!ですが、大工工事を完了して、直ぐに内装工事が張れるわけでは

ありません。

パテ埋めといって、仕上げを綺麗にする為に、凹凸をなくしていく工程があります。

大工工事中に、壁を取り付けるために、釘を打ち込んだ跡や、壁の継ぎ目等の継ぎ目を無くす工事です。

これで、パテが乾いて仕上げ工事に入ります!
ゴールデンウィーク明けには、仕上完了予定です。

以上 内装班でした!

2015-04-10

はじめまして

クラフトマン設備班の荒井です。

私の仕事は、設備の仕事。設備?分かりずらいかもしれませんが、設備とは・・・

住む人のライフラインを保つ大切な役割があります。そうです、上水と下水をつなぐ仕事が設備で

す。いくら外見家が完成していても、設備班の存在がないと生活が成り立ちません!

それくらい設備班は重要な役割なのです!

例えば今工事しているこの配管。。

お湯と水の配管です。水しか出ない家なんてありえません。

ましてや。水道からの水漏れなんて。。。

4.9 1号棟 荒井さん (3).JPG

4.9 1号棟 荒井さん.JPG

4.9 1号棟 荒井さん (2).JPG

ありえないから念入りに工事します。顔は恥ずかしいので。。職人は、背中で語ります。

背中も微妙ですが、仕事きっちり、設備班荒井さんの紹介でした!

2015-04-03

みなさんこんにちは!

クラフトマン達の日ごろの運営をサポートしている、業務推進部 山田がお届けします!

基礎、大工、内装、設備、外構の各工事のクラフトマンが一同に介し安全かつスピーディーに工事を進めていく55プロジェクト!


本庄市小島南7期の1号棟がついに上棟をレポートします! 

上棟とは?

基礎工事が終り、建物の骨組みと屋根の下地まで上げる作業です。

高所の作業もあり、木材を運ぶ作業もあり、現場には、木材をはめ込む為に使用される、かけや(大きな木製のかなづち)や安全確認のための大工さん同士の掛け声、木材を打ち込む釘の音が聞こえてきます。

赤尾 屋根1.JPG

赤尾 屋根2.JPG

上棟は高所作業で、安全確保しながらのため、現場にも緊張感が漂います。
高所作業でも機敏に施工するクラフトマン大工班達!
現場ではすごく頼もしい大工に様変わりです。

大石 屋根.JPG

屋根の下地を施工する大石クラフトマン。顔が見えないのが残念ですが、真剣なまなざしで作業をしています。

PC全体.JPG

建物の一番高いところから、3号棟の基礎工事を撮ってみました。黙々と施工するPC基礎斑
クラフトマン達。

PC基礎といって、工場で作られた基礎を現場で組み立てていく基礎です。
詳しい話は、基礎班のブログで公開しますね!

利根川.JPG

この現場の大工工事責任者の利根川職長。
いつもはやさしい職長ですが、上棟現場では、みんなの安全と現場全体を取り仕切る頼もしい職長です。

そんな利根川職長の紹介は 

コチラ!

クラフトマン皆さん!キレイで安全安心な現場施工をお願いします!

以上大工班1号棟レポートでした!

2015-03-31
読んで頂きありがとうございます。
本日、一棟入魂ブログ開設しました!
ケイアイスター不動産は、豊かで楽しく快適な暮らしの創造を目指す家づくり企業で、
私たちクラフトマンは、家づくり担当の部門です。
現在、本庄市小島南で基礎工事から、大工工事へと進行中です。
つくり手ならではのこだわりや、ケイアイの家づくりの情報等掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いします!