ENTRYENTRY

住宅営業の本当の楽しみをメンバー一人ひとりに知ってほしい住宅営業の本当の楽しみをメンバー一人ひとりに知ってほしい

INTERVIEW

僕が統括している、
埼玉と東京の店舗が他の部門に移管されることになった。
この時の悔しさが、今の僕を燃やし続けている。

中野 浩二

2016年。僕が統括している、埼玉と東京の店舗が他部門に移管されることになった。会社の戦略だということは、重々理解しているけど、僕にとっては、二度と経験したくない苦い経験。志半ばで、方向転換しなければならないメンバーもいた。僕の力が足りず、メンバーの能力を最大限に引き出してあげられなかったことが、一番の原因。もっと成果を出すことが出来ていたら、こんな結果にならずに、済んだかもしれない。本当にたくさんの部下たちの人生を変えてしまった。もう、部下たちにこんな思いは、絶対にさせたくない。この時の悔しさが、今の僕を燃やし続けている。ケイアイに入社した頃の僕は、周りのメンバーに対して正直なところ興味がなかった。僕の意識が変化したのは、ある先輩の存在がきっかけだった。先輩は、仲間が契約を上げると自分のことのように、全力で喜んでくれる人だった。

“当たり前だった「おめでとう」の大切さを知った”“当たり前だった「おめでとう」の大切さを知った”

― もし、先輩が喜んでくれなかったらどうだろう?
当たり前だった「おめでとう」がなくなったら、おもしろくないな、と思う僕がいた。きっと、他のメンバーもそうなんだろう。価値や喜びを見出したりする。そこに気付けたことがきっかけで、僕の周囲に対する関わり方や、意識が少しずつ変わっていった。今思えば、これが一つの転機だったんだと思う。大きな変化だったのが、メンバーがお客様の対応について、相談しにくることが多くなったこと。どれだけ力になれたかは分からないけど、相談に乗ったメンバーがご契約いただいて喜んでいる姿を見ることがいつしか僕の、一番の喜びになっていた。見える景色が変わった。一人でナンバーワンを目指すよりも、チームでナンバーワンを目指した方が、もっとデカいことに挑戦できる。そっちの方が何倍も難しいし、面白そうだと思った。

“チームでナンバーワンを目指すために住宅営業の楽しさを知って欲しい”“チームでナンバーワンを目指すために住宅営業の楽しさを知って欲しい”

チームでナンバーワンを目指すために、住宅営業の楽しさをメンバーにもっと知ってほしい。この仕事を一言で表すなら、「夢を与えることが出来る仕事」だと思う。住宅営業は、夢を与えられる仕事であると同時に、お客様の夢や想いを知ることが出来る仕事。僕から見れば、こんなに夢のある仕事をさせていただいているのに、「ありがとう」と言ってもらえるなんてこれほど嬉しいことはない。自己満足かもしれないけど。笑
この仕事の楽しみを、一人ひとりに見つけてもらいたい。僕が教えるんじゃ意味がない。自分自身で見つけるからこそ、本当の意味での「やりがい」になる。

“日本一になることが絶対にぶれない大事な軸”“日本一になることが絶対にぶれない大事な軸”

部下には、やりがいを自分の力で見つけて、仕事を楽しんでほしいし、自分の“意志”を持った自律した人間になってほしい。僕は1日の終わりに必ず、メンバーの全員の名前を、手書きで書くようにしている。名前を書くと、自然に顔が浮かんでくる。一人ひとり価値観は違うし、描いている夢も違う。だから、各自が望んでいる未来に少しでも近づくことが出来るように、背中を押し続けることが会社から任せられた僕の使命なんだと思う。もちろん、同じ会社で働く仲間だから、“共に目指す方向”も確認していく。「東京エリアでケイアイスター不動産をナンバーワンにする」というところは、絶対にぶれない大事な軸。東京ケイアイは、東京ナンバーワンを本気で目指す仲間が集まる、ケイアイ最強のチーム。現状に満足せず、常に互いを磨き合える、僕が心から尊敬する仲間たち。常に思うことは、ケイアイの人間である前に、人として“憧れられる存在”でなければ、東京ナンバーワンも、日本一も目指せないということ。だからこそ、僕自身も成長し続けなければならない。未来を創り続けることが、僕の使命だから。

さぁ、“挑戦”を始めよう。BELIEVE IN YOURSELF

ENTRY
PAGE TOP