Copyright © ケイアイスター不動産
All Rights Reserved.

INTERVIEW インタビュー

仕事も遊びも全部本気。私らしくいられる場所。
仕事も遊びも全部本気。私らしくいられる場所。
仕事も遊びも全部本気。
私らしくいられる場所。
今回は、主に北関東を中心に活躍している第一分譲事業部の方々にインタビューを行いました。
彼女たちは、新卒入社、中途入社とそれぞれですが、全員20代です。
それぞれが役職を持ち、今も前線で活躍しています。
YUKA SENDA YUKA SENDA 第一分譲事業部本社1課 千田 悠可 次長 / 入社7年目

YUKA SENDA

第一分譲事業部本社1課 千田 悠可 次長 / 入社7年目

なぜ、この仕事を選んだのですか?

不動産は、最も高額な商品であり、人の人生を変えられる物という漠然としたイメージがありました。この仕事を一人前にできるようになったら、それは素晴らしい事であり自己成長を感じられると思ったからです。ケイアイスター不動産は、妥協せず目標達成にむけて真剣に取り組む社風です。最初は不安もありましたが、支えてくださる仲間と環境が整っているので、思いっきり失敗もできるし喜びを分かち合えると思います。

MIEKO SHIMOMURA MIEKO SHIMOMURA 第一分譲事業部本社1課 下村 美栄子 課長代理 / 入社4.5年目

MIEKO SHIMOMURA

第一分譲事業部本社1課 下村 美栄子 課長代理 / 入社4.5年目

不動産って難しそうですが、初めての人でも大丈夫ですか?

“不動産”確かに仕事を始めたばかりの時は、難しい用語ばかりで、みんなが何を話しているのか分からず、知識がないと働けないかもしれない、というイメージはありました。ただ実際は未経験でこの仕事を始めるという方がほとんどです。日々覚えることはたくさんありますが、この仕事を通して、多くの人にケイアイの住宅を提供している誇りはあります。例えば、自分が買った土地に住んでいる家族をみて、とても嬉しくなります。難しい仕事だからこそ、達成感とやりがいを大きく感じています。そして、この会社にはトライさせてくれる環境があります。未経験の方でも挑戦する心と自分自身成長したい人には、おもしろい仕事だと思います。

YUI SHINOZUKA YUI SHINOZUKA 第一分譲事業部本社1課 販売チーム 篠塚 唯 係長 入社7年目

YUI SHINOZUKA

第一分譲事業部本社1課 販売チーム 篠塚 唯 係長 入社7年目

仕事をしていて、やりがいを感じる時はどんな時ですか?

自分が買った土地に家が建ち、入居する人が決まって、家のお庭でガーデニングや洗車をしている姿を見ると、『私、凄いことをしているな』と思います。直接的にお家を買われるお客様と深く関われるわけではありませんが、 やりたくても簡単に出来る事ではないし、私の存在価値というか、社会に貢献出来ている!とすごく感じられるところが、この仕事をしていて強く思います。私が買った土地に、いつか地図上に家が載ると思うと、すごくワクワクした気持ちになりますね。そう言う部分が一番のやりがいかもしれません。

普段は仕事、目標を立てて思い通りのキャリアを歩み、休日はおしゃれな時間に囲まれて、自分らしさを楽しむ・・・欲しいものは、全部手に入れる。彼女たち『土地買い女子』と一緒に働きませんか? 土地買い女子 普段は仕事、目標を立てて思い通りのキャリアを歩み、休日はおしゃれな時間に囲まれて、自分らしさを楽しむ・・・欲しいものは、全部手に入れる。彼女たち『土地買い女子』と一緒に働きませんか?