コミュニケーション・ブックKEIAI MAGAZINE!コミュニケーション・ブック KEIAI MAGAZINE!

デザインのケイアイデザインのケイアイ

ピックアップ

ピックアップ

ケイアイスター不動産からのお知らせなど旬な情報を随時公開していきます。

2018.04.08

第1回全国統一住宅営業フェスティバル2018のゲストスピーカーとして参加 株式会社リブ・コンサルティング様主催

ダイバーシティ推進室室長の千田悠可(せんだゆか)が「女性営業が活躍している会社の討論会」にゲストスピーカーとして出席

株式会社リブ・コンサルティングが主催する『第1回全国統一 不動産営業フェスティバル2018』にて、第一分譲事業部法人営業部本社統括部長(H 30年3月23日現在)兼ダイバーシティ推進室室長の千田悠可(せんだゆか)が「女性営業が活躍している会社の討論会」にゲストスピーカーとして出席致しましたので、当日の様子をご報告致します。

 

住宅営業フェス

 

「住宅営業フェスティバル」は、人口減少・採用難・AIの台頭など、大きな環境変化を適切に捉え、高い営業の生産性実現に向け、先進事例の共有・自社への落とし込みを実施する場として開催され、約100名もの業界関係者が参加されていました。

 

第2部パネルディスカッションのゲストスピーカーとして登壇

当日は、第1部基調講演、第2部パネルディスカッション、第3部プレゼンテーションの3部構成となっており、千田は第2部のゲストスピーカーとして登壇致しました。

パネルディスカッションは、「女性営業が活躍している会社のスペシャル討論会」と題し、営業職での女性活躍が増える中、マネジメントする側は男性が多く、双方のギャップがある現状をふまえ、そのギャップを埋める為、様々な取り組みをしている会社がゲストとして討論会を行いました。

 

住宅フェス1

現状や実態、女性営業の教育やマネジメント、各社取り組んでいる制度などを発表し合い、千田は営業社員の経験や、営業部の管理職としての立場から、また、兼任しているダイバーシティ推進室長として、様々な角度から意見を述べました。

住宅フェス2
住宅フェス

労働環境において、日本の人口は減少、少子高齢化社会は進み、建設業だけでも2025年には約39万人の人材不足と考えられています。

イベントを通じて、各企業の現状や取り組みなどを聞け、改善に繋げられる有意義な時間となりました。

弊社は、これからも女性活躍の他、ダイバーシティを推進して参ります。

 

 

 

(以下、株式会社リブ・コンサルティング様イベントレポートより抜粋)

 

≪現状・実態≫

各社様、営業における女性の比率は5%~15%とバラつきがある現状です。

そのような中でも、社内女性の活躍を対外的にアピールするなど工夫をされ、土日休みや、定時を早めるなど、働く環境を整備されています。

また、女性の方が営業に対して抱く「男性中心」というイメージを払拭するため、社内で活躍中の女性支店長をロールモデルにされるケースもあります。

採用の際は、各社様特に女性だからという基準はなく、あくまでお客様に良い住宅を提供したいという気持ちを優先されています。

 

≪女性営業の教育やマネジメント≫

女性営業はお互いの接点が少ないこともあり、業務プロセス改善のための情報交換及び、ネットワークの拡大のため、半期に一度女性営業全員が集まる場を用意される会社もあります。

時間効率を基準に選定する特別表彰を実施するなど、スポットライトが当たる場の用意にも工夫が見られます。

 

男性管理職向けに女性がライフイベントを迎えた時の対応については、別途研修を用意され、コミュニケーションギャップによる生産性の低下への対策を打たれています。

男性と女性の脳の仕組み、思考プロセスの違いを意識しマネジメントスタイルを調整することも重要という意見もありました。

 

≪制度面≫

出産後はお客様との対面する仕事でなく、内勤で営業をサポートする仕事に配置転換するなど柔軟に対応することもあります。

産休前、復帰前、復帰後に関与メンバーで面談をされ、休日の出勤が余儀なくされる場合、ベビーシッターの費用を補助されるケースもあります。

ダイバーシティ推進の取組の一環で実施したアンケート結果から見えてきた「将来像への不安」を払拭するため、座談会を実施さるなどの工夫もされています。

特殊なケースでは、グループ企業に保育事業を持たれている強みを活かし、企業型保育園の設置も視野に環境整備に取り組まれています。

 

≪まとめ≫

改善の余地が残るものの、早急にできることから進めて成功事例を蓄積することが重要です。

ライフイベントへの対応は、社内の制度だけでなく、知識・意識の改革も不可欠です。

また、情報交換やネットワーク構築の場を用意し気持ちを分かり合える場の提供、あるいはロールモデルの抜擢や表彰など、スポットライトを当てる場の提供も重要な役割を担います。

【第一回 全国統一 住宅営業フェスティバル2018概要】

■開催日時:2018年3月23日(金) 13:00~17:45

■会場  :TKPガーデンシティPREMIUM京橋

■コンテンツ

第一部:基調講演 住宅購入・購入検討者の調査から見えてきた5年前との変化についての考察

スピーカー:株式会社リブ・コンサルティング ディレクター 佐藤 浩康

第二部:女性営業が活躍している会社のスペシャル討論会

ゲストスピーカー(敬称略)

・大和ハウス工業株式会社 本社営業本部 住宅事業推進部 教育企画グループ 課長 神山 京子

・株式会社ロゴスホーム 人事部長 谷口 文弥

・ケイアイスター不動産株式会社 第一分譲事業部 法人営業部 本社法人営業統括 兼 ダイバーシティ推進室 室長 千田 悠可

第三部:S-1グランプリ(全国営業№1決定戦)」の受賞企業による

「強い営業組織のつくり方」プレゼンテーション

・受賞企業(敬称略):ドヒハスウ株式会社/株式会社木村建設/株式会社ウッズカンパニー