新築一戸建て、注文住宅のケイアイスター不動産。東京都・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県の新築一戸建て分譲と注文住宅の情報サイト。

ニュースリリース

2017.11.13

プレスリリース:【業界初】AIによる仲介会社向け商談サポートシステム誕生

ITの力で不動産業界の働き方改革を実現!

 関東を中心に新築一戸建て住宅の販売を行う不動産会社「ケイアイスター不動産株式会社」(本社:埼玉県本庄市、代表取締役:塙圭二)は、Automagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦)のAIソリューション「AMY(エイミー)」を利用した、不動産仲介会社を対象とした住宅販売事業商談サポートチャットボットシステムを、平成29年11月に提供を開始いたしました。これは、当社が運営するビジネスネットワーク事業「KEIAI.net」のサービスの一環として提供いたします。不動産会社による、戸建販売における仲介会社からの問い合わせ応対および販売サポートのためのAI活用サービスとしては業界初となります。

 多くの他社商品を扱う不動産仲介会社にとって、商品の詳細情報を得ることは困難です。正確な情報獲得のための労力は大きく、従業者の時間外労働の増大につながります。また、住宅購入者が、購入商品の選定時に正確な情報を得られない場合、購入後のトラブル発生につながります。

 仲介業者の労力を減らしつつ、住宅購入検討者に正確な情報を届けるサービスに需要があると判断し、今回のAIサービスの開発に至りました。自社での販売事業も行う当社の商談ノウハウをもとにした24時間365日可能な無人リアルタイム応対サービスで、自社・他社ともに業務効率を行い、業界全体の働き方改革を推進してまいります。

プレスリリース:【業界初】AIによる仲介会社向け商談サポートシステム誕生

不動産業界の労働状況

プレスリリース:【業界初】AIによる仲介会社向け商談サポートシステム誕生

不動産業の事業所は約35万社あり、うち不動産代理・仲介業の事業所数は約5万社、約21万人が従事しています。(不動産流通推進センター調べ・平成26年) 不動産業界での問題の1つが、「時間外労働」。時間外労働時間が月10時間以下の正規雇用従業者割合において、不動産業界は全業種でワースト3位。また、月20時間以上の時間外労働を行う正規雇用従業者においても、全業種平均から10%以上も多いという結果になっています。(右表参照) そんな労働環境から、離職率も比較的高い業界となっています。

サービスの特徴 ~27年連続増収の営業ノウハウをAIで~

プレスリリース:【業界初】AIによる仲介会社向け商談サポートシステム誕生

「KEIAI.net」は、24時間365日対応可能な無人のリアルタイムサービス。AIキャラクター「ケイコ」が、住宅商品の物件案内やセールストークなど、仲介会社向けの商談サポートをチャットで行います。

当サービスは、住宅購入検討者に即時に正確な情報を届けることをサポートすることで、その労力を減らすことを目的としています。自社販売事業も行うケイアイスター不動産の営業ノウハウをもとにした商談のアドバイスで、新規不動産仲介会社や仲介会社内の営業初心者もスムーズに顧客対応が可能になるため、仲介会社による商品販売の水準を高く均質に保つことに繋がります。
これまで当社に対して寄せられていた仲介会社からの問い合わせ対応時間の削減や、当社スタッフによる仲介会社の営業現場巡回・指導の時間の削減にも繋がるため、自社・他社ともに業務の効率化を行い、業界全体の働き方改革を推進することを目的としています。

関連資料

【IR開示資料】

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80934/0ce7d1b8/540e/44a2/acbe/9b89dd746f0d/140120171110415897.pdf

 

※PDF資料、関連画像は下記URLよりダウンロードしてください。

https://i-imageworks.jp/iw/Pu/Public.do?pid=4761336c7032612f36546f3d

 

KEIAI.net に関してはコチラ